ヘッダーロゴ
洗濯表示記号

クリーニングと家庭洗濯の違いは?

最終更新日:

クリーニング店で行っている洗濯方法は主に、ドライクリーニング、ランドリー、ウェットクリーニング、この3種になります。

ドライクリーニングって?

クリーニングといえばドライクリーニングなんですが、水で洗っていると思っている人も多く意外と知られていません。ドライクリーニングは水で洗濯するのではなく、水の代わりに揮発性の有機溶剤で品物の汚れを取り除きます。ほとんどの衣類は石油製品なので相性がよく、型崩れや収縮、風合いの変化が起こりにくいのが特徴です。例えば、ティッシュも石油から作られてますよね。なのでドライクリーニングしても破れる事はなく形も崩れません。それくらい石油製品とは相性がいい洗浄溶剤です。また皮脂汚れ、油汚れにも強いという特徴を持っています。

ランドリーって?

ランドリーは水洗いの事を言います。家庭の洗濯と同じじゃないか?とお思いかもしれませんが、クリーニング店では、温水やアルカリ助剤を投入して、汚れ落ち度を高めて洗濯する事が出来ます。主にワイシャツや白衣、シーツ類を洗浄しています。また、水洗いも可能な洗濯物も増えてきており、ドライクリーニング後に水洗いするなど、油性と水性の両方の汚れを落とすような洗い方(ダブルクリーニング)も行っています。

ウェットクリーニングとは?

ウェットはなんとなく水かなと想像できるかと思いますが、「水洗いする事が不可能」な衣類を特殊な洗剤と洗い方で処理する方法です。ドライクリーニングだけでは取り除けない水溶性の汚れも除去し、衣類をさっぱりと洗い上げます。本来水洗いできないものを処理しますので高度な技術を要しますし、乾燥後の仕上げも手間がかかります。

クリーニング店のドライクリーニングは有機溶剤、家庭の洗濯は水で汚れを落とすと覚えておいてくださいね。水洗いに不向きな洋服や、お気に入りの一着はクリーニング店にお任せしましょう。